スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡染めと上絵

春から描いていた藤の花が完成
IMG_49431.jpg

岡染めを使ったところと上絵付けとが混在
IMG_49451.jpg

今回はブルーが中心なのでシックなお皿に…

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Napoliさんへ♪

こんにちは〜
わざわざハーマイオニーの状況おしらせありがとうございます。
Napoli家でも同じ状況と伺ってホッとしています♪
でも喜ぶことではないんですねi-230
そうですね、バラは枯れてもまた同じものが手に入るのでちょっと気が楽ですー^^
それにしても今年の残暑は厳しかったですね。
まだ、9月の下旬とは思えない気候ですが、油断せずに体調に気をつけましょうね〜

岡染め、Napoliさんなら大丈夫ですよ。
それに、最初から岡染めはやらせてもらえなくて、岡染めをするまでに絵の具慣れするので、それなりになるんですよ。
あくまで、それなり…なんですが(笑)

No title

こんにちは~!

またお邪魔しますね。☆

濃淡だけで表現するって凄い技ですよね。
私がしたら、きっとボテッと色が落ちてるだけで何か分からないと思います。(笑)

我が家のハーマイオニーも瀬戸際なんです~。
いや、既に瀬戸際を越えてるかも。。
日に日に葉っぱは落ちるし、枝は茶色くなるしです。>_<

ま、これでダメでもそれもご本人の運命ということで
次の楽しみを考えましょう~~。♪

Napoliさんへ♪

おはようございます♪
ホントに毎日暑いですね〜
でも、今日からは少し気温が落ち着くようでホッとしています。
もう、体調はばっちり!です。お気遣い頂いてありがとうございます*・゜☆.。.:*・゜

そして、絵付けお褒めいただいてありがとうございます♪
私はNapoliさんのガラスのほうがずっと素敵だと思うんですけど。
夏の宿題のガラス、あまりにすてきでコメントすらできませんでした(笑)
実はとってもきれいだな〜って何度も見に行ってたんですよ〜

岡染めはご指摘通り青の濃いところです。
大倉の代表的な技法で大倉ファンにははずせないものらしいです。
上絵の前に書いて先に高温で焼くんです。すると少しにじんだように焼き上がるんです。
濃淡だけで表現するので、ペインターの方でも焼いてみるまでは出来上がりがちゃんとわからないそうです。ま、経験なのでそうはいっても私の「焼き上がるまでわからない」とはレベルがちがうんでしょうけど(笑)

>藤のお花が下方向に向かってるのに対して、葉は上と横で、
>お互いに引き立て合っていますね。
そっか、こういう見方があるんですね。勉強になります^^
じつはこの絵は元絵があって、それをほぼ写してあとちょっと付け加えたりしたんです。

ガラスでぶどう図案なんて素敵!
でも、Napoliさんの図案もかなり手がかかりそうにおもいますが…??
ガラスを㎜単位で削るなんて、本当にすごすぎ!

そうそう、ハーマイオニーどうですか?
家は結局1本だけになって、下からべイサルが出てきたのですが、イマイチ勢いに欠けるのでお☆様の瀬戸際です(涙)

No title

こんばんは~!

毎日暑いですね。
ふぁりーぬさん、その後お元気ですか?

素敵な作品ですね~~~!! (//∀//)*・゜☆.。.:*・゜
藤という題材がとっても好きだし、青~紫の色のバリエーションも好きです。♪
それから濃い~淡いお花のグラデーションも幾重にも重なる山並みを見てるみたい。^^

岡染めって青の藤のところですか?
これは水で薄めながら描いてるみたいな感じですね。
普通の絵付けよりも優しい雰囲気が素敵ですよ~。^^

それと同時に私、葉っぱもとっても好きです!
緑~黄色の色の入り方とか、影とか、
藤のお花が下方向に向かってるのに対して、葉は上と横で、
お互いに引き立て合っていますね。

ガラスでも、やっぱり藤とかブドウは人気図柄ですよ。♪
(だけど手が掛かるから私はなかなか。。。^^;;)
プロフィール

ふぁりーぬ

Author:ふぁりーぬ
神奈川在住
自宅でプライベートレッスン中心のお菓子教室開いています

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。